トルコはエネルギー回廊に

ちょっぴりトルコリラを始めとするクロス円も、安定してきた感じですね〜。

今回、前回の『アイスランドクローナとトルコリラを比較』が好評だったので、予告していた『南アフリカランドとトルコリラの比較』をする予定だったのですが、面白い記事を見つけたので、先にそちらをご紹介したいと思います。

トルコって、どんなイメージがありますか?

私の場合は、絨毯、トプカプ宮殿、アヤソフィアが浮かびます。

でも、『エネルギー回廊』という側面も出てきてるようです。

BTC パイプラインって聞いたことありますか?

アゼルバイジャンのバクーを起点とし、グルジアの首都 トビリシの近辺を通過し、トルコの地中海沿岸都市 ジェイハンに至る全長1,768 キロの原油パイプラインなんですが、輸送能力日量100 万バレルは、世界の供給量の1%強に相当します。

カスピ海沿岸および中央アジアの石油資源をロシアを経由せずに、ロシアの影響力を極力受けない形で手に入れるために、このパイプラインが不可欠なのです。

従来は、黒海沿岸の港まで輸送し、そこでタンカーに積み込む方法だったのが、黒海の唯一の出口となるボスフォラス海峡は狭く、大型船の航行には不向きで、実際に同海峡では座礁や衝突事故が数多く発生したため、大型タンカーの通過に規制がかけられましたが、ジェイハンの港は直接地中海に面しており、30 万トン級の大型タンカーが2隻同時接岸できる桟橋も整備されています。

昔、ロシアはウクライナに、親米・親EUのユシチェンコ政権が誕生した直後に、天然ガスの販売価格を5倍にするとの通告をウクライナに対して行い、かつウクライナ経由のパイプラインの供給量を低下させた事件がありました。

そのような前例もあり、欧米諸国がアゼルバイジャン、カザフスタン、トルクメニスタンなどの石油資源をロシアをバイパスして手中にするには、このパイプラインは重要な役割を果たします。

先日、ロシアによるグルジア侵攻が行われましたが、アメリカおよびEU諸国にとって、BTCパイプラインは失うには大きすぎる動脈であり、仮にグルジアがロシアの強い影響下におかれる場合は、ロシアの影響を受けないという大きな目的を失うわけです。

また、BTCの他に、BTCに並行する形で敷設されている天然ガスパイプラインであるBTEパイプライン(バクー、トビリシ、
トルコのエルムズ)が、あります。

また、イラク北部のクルド人自治区にある大油田であるキルクーク油田からジェイハンに到達するパイプラインの増強計画も発表されています。

ジェイハンの港は、欧米向けに中央アジアおよびイラクの原油を積み出し、世界の原油輸出の7〜10%を占めるといわれています。

また、ロシアを経由しない形で、中央アジアの天然ガスをEUに輸出するナブッコパイプラインも企画されています。

そんな訳で、我らがトルコは、重要なエネルギーの集積地に変貌しつつあるようです。

トルコの概要

昨日、トルコリラ建て利付債券が発売されるというお話をしましたが、それに伴いトルコの概要が載っていたので、ご紹介しますね。

トルコ共和国は、今でこそGDPは4,000億ドル(世界20位)であるものの、1990年代は好・不況の波が大きい混乱期でもあった。
高成長期では最大 120%のインフレ率に達して公的部門を中心にコストが膨れ上がり、それを改革するための政策支持や政治的安定が得られず、景気後退に入るというパターンであった。
特に政局において、政治勢力の分断化、不安定な短命連立政権、ガバナンスの低下、一時しのぎの政策などで経済に大きな打撃を与えた。

2000年代に入り、次第に混乱は沈静化となり、2001年に経済危機があったものの、その後の経済は大幅回復し、2002年以来の平均成長率は7.1%となっている。
2002年と2007年の選挙で政権基盤の安定化が実現してからは、高成長、インフレ率の低下、生産性の向上を実現している。
背景には、IMF経済改革プログラムとEU加盟計画に加え、強固なファンダメンタルズと均衡のとれた財政、機能的な公的機関(中央銀行・財務省・国家預金保証基金など)の存在が寄与していると考えられている。


政局の安定は嬉しいものの、年々インフレ率が低下していくことで、金利が下っていってるのは、受け取りスワップが減るから悲しいです。ふらふら

かと言って、過去のようなボラの大きいのはいただけませんが・・・ふらふら

わがままで、すみません。わーい(嬉しい顔)

トルコリラFX

トルコの通貨単位はリラ、為替や外貨証拠金取引(FX)の世界では、トルコリラと呼ばれてます。

もう10年以上前にトルコに旅した際、空港でトルコリラに円から両替しようと為替レートが表示されてるボードのを見た時、びっくりしました。(笑)

何かの間違えかと思って、トルコリラのドル換算をして、それからトルコリラ円にまた換算しなおし、合ってることを確認したほどです。(爆)

円をトルコリラ換金して、お金持ちになった気分を味わいました。
当然帰りは、外貨を持っててもしかたがないのでトルコリラを円に両替して、ふたたび貧乏人に戻りました。(笑)

そんなトルコリラですが、2005年1月1日に、100万トルコリラを1新トルコリラとする通貨統合し、実質的なデノミネーションが行われました。

インフレがひどくて、2002年の2月なんて、トルコリラの金利は57%もあったんですから。

一瞬、その頃にトルコリラFXを外貨投資並みのレバレッジをかけないで投資してたら、スワップポイントだけで1年後には倍!

でも、金利が高いってことは、それだけトルコリラの通貨価値が低く、トルコリラ債権も暴落、いくら高金利・高スワップだからと言ってもトルコリラ投資をするタイミングではなかった。

新トルコリラの為替レートは、トルコリラ円リアルタイムチャートを見てみると、現在値は87円前後です。
これなら、トルコに旅行して新トルコリラに両替してもお金持ち気分になれませんが、新トルコリラのスワップは、1日約400円もあります。(FX-navi、アトランティック)

今後新トルコリラの為替相場はどうなんでしょう?

新トルコリラ円チャートを見てみると、結構激しく上下してます。
ユーロトルコリラチャートもそうですね。

2ちゃんねるでトルコリラのテクニカル分析を語るスレもあるようです。

トルコリラ取引をするかどうか、これからじっくりみていきましょう。

トルコリラのトルコってどんな国?

トルコリラでFX投資をするにあたって、じゃぁトルコリラの
トルコってどんな国かをみておきましょう!

国名は、トルコ共和国、通称トルコ(土耳古)。

日本語名のトルコは、西欧の諸言語でトルコ人を意味するトゥルク
(Turk, Turc)の変形です。

漢字土耳古は、中国語で音訳した「Tŭ'ĕrgŭ」に由来し、江戸時代には
既に使われていたそうです。

トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパの
バルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの
2つの州にまたがる共和国。

首都はアナトリア中央部のアンカラ。

飛んでイスタンブールじゃないんだ!わーい(嬉しい顔)

10年以上前に、Jenniferはイスタンブールだけ行ったことが
あります。

それはさておき、トルコは北は黒海、南は地中海に面し、西で
ブルガリア、ギリシアと、東でグルジア、アルメニア、イラン、
イラク、シリアと接してます。

国土の大半の部分はアナトリア半島にあたり、国民の99%がスンナ派イスラム教を信仰するため、日本の地域区分では地理的な位置関係と、文化的な繋がりから中東、西アジアに含めることがほとんどであるが、サッカー協会やオリンピック委員会などではヨーロッパの統一団体に属します。

経済的、政治的にもヨーロッパの一員として扱われることがあり、現在欧州連合(EU)へ加盟申請中です。

その経済については、次回みていきましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。