トルコリラのボラとパフォーマンス比較

トルコリラ建て利付債券が発売されることで、楽天証券によるトルコの概要をご紹介しましたが、今日はトルコリラのボラとパフォーマンスをご紹介しま〜す。

多分、のっけからびっくりされると思いますよ。わーい(嬉しい顔)

では、始めます。

トルコリラは、変動幅が小さいのがひとつの特徴と言える。(ね!びっくりしたでしょ!わーい(嬉しい顔)
為替市場でのメジャープレーヤーは、トルコ国内の投資家である。
リラ安の時は海外投資家に流動性を提供しリラ高の時はサポートとなるため、変動幅を小さくしている。
従って海外投資家はトルコ共和国のファンダメンタルズの強さ・金利の高さ、為替の安定性に注目し投資している可能性もある。

「ちょっと、楽天証券さん、どこ見てるの?}と、つっこみいれたくなりますが、過去約2年間(2006年1月〜2008年3月5日まで)の日次ヒストリカルボラティリティ比較↓によると、上の評価は正しいんですよね〜。

トルコ・リラ/円   約17.50%
SP500平均 約20.07%
香港ハンセン指数   約29.37%
日経225平均   約40.30%

日経平均って、完全におもちゃにされてますね〜。ふらふら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。