2008年のFXは・・・

トルコリラFX、大晦日の急落にもそれほど大きく下らず、持ちこたえてますね〜。

でも、2008年荒れそうです。

ちょっとまた今朝届いた師匠のことばを拝借して、今年こそはきちんとした投資をしましょうと喚起したいと思います。


起きないと思った事が起きるのが相場です。

セミナーやメルマガ、ウィークリーレポートなどで
何度も何度も言っていますが、2008年は2007年
までの相場とはまったく違う展開が起きる可能性が
とても高いです。

いよいよ“相場の動きに対応できる投資”を身につけて
おかなければ、利益を上げる人、損をする人がはっきりと
出てしまうでしょう。

2008年の1回目のメルマガという事でどう
いった内容をお伝えしようかなーっと少し考えて
いたのですが、本来動きの小さい正月でこれだけ
相場が 事が荒れてしまっている事からも、
伝える事が明確に決まってきました。

それは、相場を“予想しない”という事です。
予想ははずれるものだからです。

予想するのではなく相場には、明確な基準を持って
“対応していく”事です。

それが投資で利益を上げるための“唯一の方法”です。
唯一です。

そして、相場に完璧に“対応する事はできない”
という事を知る事です。

これらの原則を押さえずに投資で利益を積み上げて
行く事はできません。確実に押さえておいて下さい。
そしてそういう前提の下に、相場を利用して利益を
上げていきます。

相場で利益を上げていくという行為は、単純に言えば
どれだけ相場の動きに自分を合わせて行動する事が
できるか。

ただそれだけです。

相場が上がっているときに買って、相場が下がり
始めたら売る。

相場といつも同じ行動をする事ができれば、
ずっと利益を上げる事ができます。

でもずっと相場に追従してポジションを持つ事は
プロの投資家でもできません。

相場は31日の夜のように急激に動く時があります。
自分が想定した方向と逆の動きをする事があります。

そしてそれは当たり前の話です。

いつも相場の動きが分かる人はいません。
だから明確な基準の下、相場の動きに対応できるときだけ
投資します。

そうでない時はポジションを持ちません。

それでも相場が逆に動いてしまい、損失がで始めたら
小さく損切りして相場から撤退して出てきます。

相場に完璧に“対応する事はできません”
つまり損切りは投資で利益を上げるための
必要経費です。

大きく利益をあげるためには、それなりの経費が必要なんです。

ビジネスとかその他なんでも同じ事です。
経費は必要です。

必要経費はかけてください。
間違っても2008年の相場で“損切り”を入れない
なんて事は絶対にしないで下さい。

『私はスワップ金利狙いで、小さく売買しているし、
長期的に考えているから、今は損が出ていても、そのうち
戻ってくるのを待っているからいいです。』

なんて事は絶対に言わないことです。

予想に反して自分の考えの逆に向かって、ずっと動く
事も十分にあります。

そういう事がたった1度あるだけで、それまでの
利益を全部失い、投資用資金のすべてを失うこと事も
現実には、頻繁に起きているからです。

損失を限定する事はとても大切な事です。

2008年を利益の年にするために、

1、相場を“予想”しない

2、相場には“明確な基準を持って”対応する

3、相場にはいつも“対応する事はできないと知る”

4、相場が逆に動いたら小さく損切りして撤退

を徹底して行ってください。

利益が時間と共につみ上がっていかないとしたら、
この4つのどこかがおかしくなっています。

予想とか勘で投資をしていると、予想が外れだすと
とたんにダメになります。

いつも相場に対応できると思っている人が損切り
をいれずに、ポジションを持って対応できずに、
大損します。

これらの4つの大切な事を甘く見ずに、しっかりと
体の芯で捉えて2008年を利益の年にしていき
ましょう。

1つ1つを自分の全身に落とし込む行為を、DVDで
学べるようになっています。

無料DVDと極秘レポートとメルマガ

予想や勘で投資せず、明確な基準で投資して、2008年からばっちり儲けましょう揺れるハート