トルコリラFX、トルコリラ円94円!

トルコリラFX、下るのを待ってる間にとうとう94.62までグッド(上向き矢印)行っちゃったんですね〜ダッシュ(走り出すさま)
トルコリラFXに参加できなかったモノにとっては、決して損してる訳じゃないのに、損した気分。。。ふらふら
あの時買っていたら・・・今頃・・・って。


でも、それはうまくトルコリラ円FXが円安に乗れたからのこと。

去年トルコリラ円FXは20%暴落したこともあるんだから。

今の水準で20%ってなると、20円近く下るってことに。がく〜(落胆した顔)

でも、トルコリラ円をレバレッジ2倍でするんだから、追証にかかることがないんだけどなぁ・・・

でもでも、やっぱり何も高いところからトルコリラFXを冷や冷やしながら始めることはないはず。

こんな↓ニュース記事もあることだし・・・

米国債利回りの上昇、新興国通貨を圧迫の可能性=スタンチャート

6月14日13時18分配信 ロイター

 [ニューヨーク 13日 ロイター] 金融大手スタンダード・チャータード <2888> の為替ストラテジスト、マイク・モラン氏は13日、米国債の利回りが上昇を続けた場合、高利回り通貨とされる一部新興国の通貨の魅力が薄れる可能性があるとの見解を示した。
 ロイター・インベストメント・アウトルック・サミットで述べた。
 13日の米債券市場で、10年債の利回りは5.33%に上昇した。この水準は、メキシコペソや南アフリカの通貨ランドなどへの投資家が、神経質になる水準からわずか17ベーシスポイント(bp)しか開きがない。
 モラン氏は「米国債利回りが5.50―5.75%の水準に上昇した場合、明らかにこれらの新興国市場を圧迫するだろう」と指摘した。
 ただ、トルコリラやブラジルレアルに関しては、両国の金利がさらに高いため、米国債利回りの上昇の影響を比較的受けにくいとの見方を示した。
 同氏はまた、トルコやブラジルと比べて金利の低いメキシコ、南アフリカ、インドネシア、フィリピンなどの通貨は、世界的な金利の上昇による影響を受ける可能性があると指摘。オーストラリアやニュージーランドなど先進国の金利が高水準にあることに言及し、新興国通貨に対するリスクとなっていると警告した。
 政策金利はオーストラリアが6.25%、ニュージーランドが8%となっている。特にニュージーランドの政策金利は、フィリピンの政策金利を上回っており、インドネシアと比べ、わずか50bp下回る水準となっている。 


って、トルコリラFX始動あせあせ(飛び散る汗)?!

5000だけトルコリラFX始めてみようかなぁ・・・

って書いてたら、アマゾンから『ドバイ株投資完全マニュアル』が届きました〜exclamation わーい(嬉しい顔)

これでドバイ株投資を研究しながら、トルコリラが下ってくるのをやっぱり待つことにしま〜す揺れるハート