アイスランドクローナとトルコリラを比較

G7、G20も終わり、さて、金融不安は解消され、株も為替も上向いてくのでしょうか?

以前、アイスランド・クローナの取引が停止になったことをお伝えしたところ、このブログを読んでトルコリラFX取引をしてくれてる友人たちから、この大暴落もあって不安の声が沢山寄せられました。

それで、今回、アイスランド・クローナとトルコ・リラの違いをちょっと見てみようと思います。


まず、人口ですが、

アイスランド      30万人(2007年)
トルコ      6,889万人(2004年)

アイスランドって、たった30万人しかいないんです!

それって、日本だとどこの市クラスなんだろう?って、ウイキペディア(wikipedia)で調べてみました。

すると・・・

秋田市  32万人
那覇市  31万人

ちなみに、

横浜市  365万人
大阪市  265万人
名古屋市 224万人

いかに、アイスランドが少人数か、おわかりになられたのではないでしょうか?


次に、GDP(2007年)をドル換算で比べてみましょう。

アイスランド   200億ドル(91位)
トルコ    3,402億ドル(21位)


ついでに、そのGDPを購買力平価でみてみると、

アイスランド   121億ドル(128位)
トルコ    5,953億ドル(22位)


同じ高金利でマイナー通貨として一括りに見られてきていたアイスランドクローナとトルコリラですが、こうして見てみると、随分違いますね〜。


おまけに、一人あたりの購買力平価では、

アイスランド   38,751ドル
トルコ       9,629ドル

と、人口が少ない分、一人当たりのGDPは、トルコよりアイスランドの方が4倍以上高いですが、FX、ことに暴落時に取引をするとなると、流通量が大きな問題となり、1国の規模がものを言いますから・・・。


おまけのおまけとして、ニュージーランドとオーストラリアの購買力平価GDPが、どの程度なのか載せておきます。

ただ、オーストラリアは同じ年のデーターが見つからなかったので、比較までできず、あくまで参考ってことで、よろしくです。

ニュージーランド  1,117億ドル(57位)
オーストラリア   6,355億ドル(2005年 16位)

ニュージーランドより、トルコの方が大きいダッシュ(走り出すさま)

びっくり、大発見ひらめき

ならば、ニュージーでスワップ狙うよりも・・・わーい(嬉しい顔)

もっとも、単年で見るのは危険ですexclamation×2

数年前には、インフレで苦しんでた国ですから、ぼちぼちやっていきましょうねるんるん


次回、南アフリカランドとトルコリラで比較してみようと思います。

お楽しみに〜揺れるハート 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。