アイスランドクローナが…

一昨日の米国下院での否決による暴落は、一体なんだったのでしょう?

どこまで下るかわからないから、買いたい気持ちを抑えて、様子見してるうちに、ジリジリ上っちゃって・・・ふらふら

損切りさせられた方も多いみたいですが・・・

でも、恐い話を聞きました。

トルコリラではないのですが、同じく高金利通貨として人気のアイスランドクローナの取引が、停止になるそうです。がく〜(落胆した顔)

私はやってませんが、ディールしてらっしゃる方、気をつけてくださ〜いexclamation

また、トルコリラではそんなことが起こらないとは言い切れないので、
念のため添付しておきますね。

(ここから)

本日、カバー先のSAXOBANKより連絡があり、金融市場の混乱でISK通貨のスワップ市場が正常に機能しなくなり、ISKクロスの取引を本日10月1日GMT午前11時30分(日本時間午後8時30分)をもって、当面取引を停止させて頂く事になりました。

お客様が保有されているポジションは、本日GMT午前9時15分から午前11時30分(日本時間午後6時15分から午後8時30分)の間にポジションを決済していただきますようお願い申し上げます。

午後8時30分を過ぎてポジションが残っている場合は、カバー先により自動的に決済が行われますのでご注意ください。なお、取引の再開時期については今の所、未定でございます。

お客様には多大なご迷惑をお掛け致しますが、金融市場の混乱によりこのような結果になりました事を何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

(ここまで)

また、ユーロドルの買いを持っているのに、スワップが払いになってると聞いて、そんな馬鹿なexclamation&questionって思ってたら、本当で驚きましたが、別の会社からこんな話も。

(ここから)

平成20年10月1日(水)より、ユーロ/円、ユーロ/ドル、豪ドル/円の3通貨ペアにおきまして、建玉をロールオーバーした際に発生する買いスワップポイントがマイナスになる場合がございますのでご注意ください。

(ここまで)

トルコリラでも起こるかも知れません。

なので、いくら高金利と言っても、全力買いするのはやめましょうねるんるん

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。